かぶらペン 玉ペン SPOON POINT PEN

2013年1月18日 (金)

ゼネラルペン

記事の順序はお構いなしで作っております

さて、本日の謎めいたペン先は

2a

SUPERIOR
ゼネラルペン
No.600
REFINED
(ニュームメッキ)

メーカー不明、資料なし

推測
・JISマークなし……1954年より前の製品
・安定した太さがある。戦時中はかぶらペンも細くなったので、戦後のものと思われる。
・ゼネラル(国際)ペンという名前も、戦時中につけられたとは考えにくい。戦後のものと思われる。
・品番N0.600は、タチカワのかぶらペンと同じである。
ただしタチカワも初期のかぶらペンはNo.6であった(系列会社のミカドペン、エレガントペンと同じく)

→ タチカワが戦後、ペン先の製造業者として安定し、かぶらペンをNo.600として売り出すようになった時期、下請けで作ったOEM製品ではないだろうか。

上記は単なる推測ですので、情報をご存知のかたはぜひご一報を!
どうでもいいことかも知れませんが、
カタカナや漢字の刻印は
萌えますね……

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

ライカペン かぶらペン ニューム

Rimg1776
Rimg1777
Rimg1778

SPERIOR

ライカ

MADE IN JAPAN

(品番なし)

発売元は大阪の曙文房という会社のようです。製造元はわかりません。(昭和28年8月当時)

(参考:日本鋼ペン先工業組合『ペン先のあゆみ』)

ニュームのペン先は、年月が経つとどんどん酸化して黒ずんでしまいます。でも錆びとは違って、使用上は問題なさそうです。

| | コメント (0)